わきがクリームの天然成分

わきがクリーム効果 わきがクリームの天然成分

わきがクリームの天然成分

わきがクリームを使用したいものの、肌への影響が気になるために使用をためらってしまうという人がいるかもしれません。

 

そのような人は天然成分を用いてわきがを改善してくれるものをチョイスすることができます。

 

わきがクリームに含まれる成分が持つ効果は抑汗、殺菌、そして消臭です。

 

まず抑汗ですが、アロエエキスやオウゴンエキスなどにはそのような効果があります。

 

そして殺菌です。

 

わきがは雑菌が汗や皮脂を分解することで生じる臭いです。

 

そのため雑菌の繁殖を防ぐための殺菌作用はわきがクリームに配合されている成分の中でも重要視されるべきものです。

 

このような効果を持つ天然成分は、イソプロピルメチルフェノールです。

 

この成分の殺菌力は非常に強いために、一度のたくさんの量を使用することは勧められていません。

 

しかしわきがクリームに含まれているこの成分は適量であるために、安心して使用できます。

 

そして消臭効果を持つ天然成分は柿タンニンです。

 

この成分は臭気に触れるとそれと結びつき、他の成分に変化させるという性質を持っています。

 

そのため臭い成分を他のものに変えてしまうのです。

 

このように様々な天然成分が効果を発揮し、わきがを改善してくれます。

 

わきがクリームの効果的な使い方

 

折角わきがクリームを使ったとしても、使うタイミングによっては効果が半減してしまうこともあります。

 

使い方のポイントを知ることで、より効果的にわきがクリームを使うのがオススメです。

 

わきがクリームは、臭いが発生してから使うというよりは、臭いが発生する前にその予防として使う商品です。

 

制汗効果で、汗や皮脂の分泌を抑え、殺菌効果で細菌の繁殖を抑え、そして消臭・抗菌効果でより臭いの発生を抑えることができます。

 

こういった効果があるわきがクリームを使う一番最適なタイミングは、入浴後のわきがキレイになった状態に塗るのがベストです。

 

汗や皮脂がキレイに落とされていますし、細菌の数も一番少ない時です。

 

その状態にわきがクリームを塗ることで、汗や皮脂の量が少なく、皮膚上の細菌の繁殖を抑える効果が高まります。

 

通常わきがクリームの使用回数は、1日1?2回で十分だとされています。

 

そのため、入浴後の夜に1回、朝外出時にも1回と1日2回使用するのが一番効果的です。

 

ただ、朝シャワーを浴びる習慣がある場合には、朝のシャワー後の1回で十分です。

 

もしも外出先で塗り直す場合には、必ず汗や皮脂を拭き取ってから塗るようにしましょう。

 

ただし、塗り過ぎは禁物です。

 

大量に塗れば効果がアップするというものではありません。

 

大量に塗ることで、肌トラブルを引き起こしたり、毛穴に詰まる原因となったりして逆効果になることもあります。

 

必ず、適量を塗るようにしましょう。